TSURUMO'S WORK BLOG

2012年4月28日 土曜日

ウェーブカット!

 みなさん、お疲れ様です。
 ウェーブカットお届けします。
 まっすぐにカットも良いのですが、せっかく
 造るなら制度も踏まえたうえで造りたいですよね!
 わが社にはそれを可能にする機械を設備しております。
 この機械です。

 カッティングマシンです。本来サイン屋さん(看板屋)が切り文字とかの
 シールをカットするのに使うのですが、私はその機械の力を最大限に
 活用します。専用の用紙にウェーブにて型板を造ります。
 そうすることで、手書きでは不可能な制度を求めることができます。

 さあてっちゃん!はりきっていこう!!
 まずはウェーブ必要な長さで限られている材料をカット・取付け。
 そして型紙に合わせ墨付けします。

 カットしていきます。糸ノコでカットします。

 最後にペーパーできれいに仕上げていきます。
 てっちゃん:どんな感じに仕上げますか?鶴元:なめらかにそして、見た目・
 足元に優しい感じで、面はこんな風に!ってな感じです。
 信頼関係が本当に必要です。失敗すれば取り返しがつかないです。
 やりすぎはNGです。

 仕上げの作業風景です。見て・触って・丁寧に仕上げます

 完成です。美しいウェーブです。柔らかい空間になります。

 何となくR加工ではなく、完璧により近づけるために一切妥協はしません。
 そのこだわりを職人に理解してもらい、カタチにする。計算した上での
 チャレンジデザインから製作・造作までの工程の組立て、そして作業実績
 なかなか簡単にはいきません。しかし、事例のないデザインリスク前向きに
 検討していくことで、新たなリフォームへの実現へ繋がっていくと私は考えます。
 私のデザインだけではなく、そこには職人達あっての・・・です。
 職人たちへの感謝を忘れてはいけません。
 何事も初心、忘れるべからず。

 TSURUMO代表 鶴元
 
 ★前回の流れはコチラです。

 ★前々回の流れはコチラです。

 ★デザイン基礎となる施工実績1はコチラです。

 ★デザイン基礎となる施工実績2はコチラです。

投稿者 TSURUMO | 記事URL

2012年4月25日 水曜日

飾り窓・ウッドデッキ

 みなさん、お疲れ様です。
 今日はパーテーションに飾り窓の取付け、
 ウッドデッキのウェーブ加工作業途中のご紹介します。

 二人がお互いの作業内容の確認をしてます。親方が注意する所など
 指示を送ります。私たちデザイン・監理の立場は、職人の会話を聞いて
 理解する。自分のデザインイメージする。そして実践する。
 実績という結果を残し、はじめてスムーズに物事を進めていくことができる
 ようになります。ちなみに私の経験実績18年です。
 しかし、ちょっと大ちゃん!タバコ吸ってもいいけど会話を聞きなさい!!
 

 さあ作業開始です。手分けして作業に取り掛かります。お互いで理解
 し合えば作業を熟します。

 飾り窓もきれいに取り付けできてるようですね!
 

 作業2日目、まずまずのペースです。

 ★基本の流れはコチラです。

 ★前回の流れはコチラです。

 ★その後完成はコチラです。

投稿者 TSURUMO | 記事URL

2012年4月24日 火曜日

床上げ

 みなさん、お疲れ様です。
 今日は屋外での床上げをご紹介します。
 ウッドデッキ材の下地組みです。

 まずは大引き(土台になる部分)レベル調整のための切込みを
 入れていきます。てっちゃんが担当です。
 てっちゃん!もうちょっと細く切込みを入れないと骨いるよ!

 親方の切込みです。きれいです。職人は見て覚える、これも大切。
 作業効率など自分で苦労して良い方法を見つけます。人生修行です。

 とりあえず完成。切込みの深さがミリ単位で違います。これでフラット
 にデッキ材を貼ることができます。

 今回は、ゴムのクッション材を下に敷きます。
 用途は、雨に濡れて腐りにくくする。土間との隙間5ミリあります。
 1年後・2年後木が痩せて上に乗った時カタカタ音がしないようにする。

 こうなります。9㎝角大引きを土間のコンクリートに止めるには長い
 ビスが必要になります。コストもかかります。そこで、切り落として余った
 材料(4.5㎝角の根太)短い専用ビスで先に止めて、横から木ビスで
 固定します。大引きの長さが違うのはデッキ材をウェーブにて取り付け
 るためです。

 すっぽりおさまってます。

 完成です。てっちゃんグッド!

 ★基本の流れはコチラです。

 ★施工途中はコチラです。

 ★完成写真はコチラです。
  
 

投稿者 TSURUMO | 記事URL

2012年4月24日 火曜日

建付け

 みなさん、お疲れ様です。
 今日は、建付け(扉・引き戸の取り付け)
 お届けします。
 普通は建具屋さんにお願いします。工程の流れとして
 大工が枠の加工・取付け採寸工場製作建付け
 この流れです。これで納期が1週間ぐらいかかります。
 しかし、今回はスーパー大工やっさん製作をお願い
 してます。すべてのおさまりを把握・製作技術・建付け技術
 まで持ってる職人です。1日でおさめます。
 これです。どうぞ!

 まずは戸車を取り付けます。

 バッチリですね!

 あとは、私の塗装で仕上げをします。今回、塗装濃いめに 
 仕上げてます。取り付ける取っ手は茶黒です。ここでバランスを考え
 ないといけません。その他の部分仕上げなどトータルバランス
 ふまえた上でを決めないといけません。染色ニス仕上げをするので
 木本来の色も利用しないといけません。それで今回は赤みが丁度よい
 ヒノキを使用しました。赤みが良い雰囲気をかもち出してくれます。

 金物を取り付けるとこうなります。メリハリが必要です。

 金物の存在を邪魔しない色。でも周りとの調和がとれている。
 悩み、考えて、カタチにする。楽しいです。

 ★基本の流れはコチラです。
 

投稿者 TSURUMO | 記事URL

2012年4月23日 月曜日

ちょっとこだわり!

 みなさん、お疲れ様です。
 今日は、塗装に関する私のこだわりご紹介します。
 
 これです。普通塗装染色+クリアー(ニス)塗装が定番です。
 しかし、塗りましたっていう感じが出すぎて自然な感じが出にくいです。
 私は新品なようで新品でない。そんな雰囲気をかもち出す空間造り
 意識しております。
 材料にちょっとキズをつけて天然の材料薄化粧します。
 こうなります。

 こうすることで塗料・塗装では出せない雰囲気が作れます。
 まあキズの入れ方は個人の好きずきがありますが、5mぐらい離れて
 見たときにいい感じになるよう今回は施工しました。

 あとは、仕上げれば完成です。
 次回をこうご期待。

 ★基本の流れはコチラです。

 ★こだわりの仕上げはコチラです。

投稿者 TSURUMO | 記事URL

2012年4月21日 土曜日

框組み

 みなさん、お疲れ様です。
 今日は、引き戸(かまちぐみ)の製作現場お届けします。
 その前に!

 引き戸のレールです。

 扉・枠組み方としては、とめ切り(外側と内側を斜めにカットする)
 かまち組(縦と横でつなぐ)の二種類があります。
 用途、見た目でどちらかに決めるのですが、このサイズだとかまち組
 にすることが多いです。

 まず墨をつけます。(今はえんぴつで線をひきますが、昔は墨汁でした)

 こうなります。これで組み合わせることで強度が増します
 住宅の柱と梁を組み合わせる方法と同じ要領です。
 住宅用建材だとこんな加工することありません。しかし、住宅の基礎
 知っていればどんな加工にも応用することができます。
 
 無垢の材料の選定次第でコスト調整。建材品やサッシより
 温かみがある、味わいもある物が作れます。
 あとは、塗装のセンスだけです。

 次回は組み込みと塗装状況をお届けします。

 ★基本の流れはコチラです。

 ★塗装のちょっとこだわりはコチラです。

 ★塗装の仕上げと建付けはコチラです。

投稿者 TSURUMO | 記事URL

2012年4月20日 金曜日

木枠の加工

 みなさん、お疲れ様です。
 前回に引き続き作業状況を
 お届けします。

 上枠です。扉がスライドできるように溝を造ります。入荷した材料が
 ちょっきりなので失敗はゆるされません。大事に加工していきます。
 通常枠材節なし(化粧材)を使用するのですが、わたくしは、節有り
 を良く使います。塗装した時に材料の味が出るからです。あと安い。
 しかし、職人はたまったもんじゃありません。切ることで刃が悪く
 なります。やっさんごめん。しかし、大工は節があってもきれいに
 仕上げて一人前です。それだけ道具の管理ができているということ
 ですし、それだけの技術があるということになります。
 でもやっさんごめん。
 

 こうやってノミ落としやすくします。

 完成です。あとはきれいに溝を仕上げていきます。

 部分刃が通りにくいため加工しにくいのですが、やっさんは
 難なく仕上げます。こういったちょっとした技術を若い大工さんに
 教えてもらいたいです。加工された物を取り付けるだけではなく
 加工から取り付けまで!職人としての技術・プライド
 大切に考えたいです。

 ★基本の流れはコチラです。

投稿者 TSURUMO | 記事URL

2012年4月19日 木曜日

いよいよリフォーム開始!

 みなさん、お疲れ様です。リフォーム開始します。
 今日からいろいろな作業を公開していきます。

 まずは現状です。もう一回現状の再確認をとります。

 サッシの下端です。引き戸の重要な部分になります。木材をきちんと
 加工しないとかなりまずそうですね。

 さあ、やっさんお願いします。まずは材料の長さ大体の寸法でカット
 するために採寸をします。(荒切りと言います。)

 

 作業台です。今回、枠の加工をいろいろとやらないといけないのですが
 便利な機械ばかりです。最近の職人は機械が充実しており技術が低迷
 してます。監理の鬼!鶴元最小限の機械にて作業をしてもらいます。
 やっさん!!覚悟はいいかな?(いいとも!!)

 ヒノキの良い香りがしてきました。下枠の加工です。サッシのデコボコ
 の下端にきちんと取り付けできるように接地面を加工します。

 電動丸ノコノミで作業してもらいます。建具屋さんに頼めば便利な
 機械でちょちょいのちょいですが、現場加工であればそう簡単には
 いきません。TSURUMO大工育成塾プロジェクトを今日から開始します。
 次世代の職人育成目的としたリフォームを行ってまいります。(決意)
 親方やっさん!!よろしくお願いしときます。
 次回は細かな加工部分を公開します。
 こうご期待。

 ★基本の流れはコチラです。

 

 

投稿者 TSURUMO | 記事URL

2012年4月16日 月曜日

加工場にて

 みなさん、お疲れ様です。
 今日は加工場(切込み場)での作業を
 ご紹介します。

 材木屋さんに材料の発注をします。
 現場作業に入る前ある程度の加工
 を切込み場にて行います。
 今回は半屋外での施工になるので
 外部に強いヒノキ材を使用します。

 今回使用する材料です。キシラ塗装・電動サンダーによる加工をします。

 キシラ塗装をする材料のみを仕分けします。
 大引き・根太・間仕切り下地・壁板・ウッドデッキ板他。

 外壁・床ウッドデッキ材に使用する材料に塗装します。
 乾いたら仕上がりをイメージしてサンダーで削っていきます。
 

 こんな感じです。今回のサンダーの刃はコンクリート用で削ったので
 粗めに削れてます。
 こんな雰囲気で!ご注文あればサンプルをお持ちします。
 その中で、良いものを選んでいただきイメージに近づけていきます。

 今日の所はこれにて完成。塗って削るだけですが、なかなかの重労働です。
 腰が痛ッ。

 リフォームの内容を随時ご紹介していきます。ご期待ください。

 ★これまでの流れはコチラです。

 

投稿者 TSURUMO | 記事URL

2012年4月10日 火曜日

段取り

 みなさん、お疲れ様です。
 今日は工事着工前グラフィックなどを起こさず
 進行する段取りをご説明します。
 まず図面を作成するにあたり、平面図が良いか展開図が
 良いか、ラフスケッチ(ちょっとしたパース)が良いか決めます。
 あと施工図は必要かなど。監理者の方が理解していれば、
 ラフスケッチのみで済む事もあります。
 今回は既存の壁・既存の出入り口サッシ残したまま
 工事になるので、現場での微調整が必要になります。
 既存の壁が曲がってたりサッシ枠の出入りの寸法が違ったり
 それをふまえた上での材料発注をします。
 今回は、わたくしが監理をするので、ラフスケッチのみで作業を
 進めていきます。
 工事項目としては外装造作の部類に入ります。
 どこも壊さず既存のままで家の表情を変えるリフォームを行います。

 外観の写真です。職人には2週間前ぐらいに現場調査に来てもらってます。
 ぼちぼちいろんなところを忘れていると思うので、工事内容を思い出してもらい
 ます。道具の準備とかもある程度これで済みます。

 こんな感じでスケッチを描いて、どういう仕上げにするのかなど細かく
 伝えます。1/20の縮尺で描いたのですがバランスを確認するには
 これぐらいで大丈夫です。細かな微調整は現場にて行います。
 今回のリフォームにおいて重点をおいている点は、光を遮断しない
 ということです。壁のヒノキ板を縦に張っていくのですが、板の隙間
 1.5センチは開けることが必要で、なおかつちょっとしたデザイン窓
 必要になります。窓は45センチ角で今回は施工します。壁の内側
 塞ぐのではなく明り取りとしての役目も果たすためにそのままにし
 ておきます。
 壁の空いたスペースには、取り付けたいアクセサリーとか植物
 をある程度イメージしておけばおさまるでしょう。

 このリフォームにおいての良い点は、最近の強い日差しから室内が
 焼けるのを防ぐ外からの視界すこし遮る程よく光を取り入れる
 ちょっとしたディスプレイ感覚家の表情がかわる雨風などによる腐食
 を防ぐ一切躯体をいじらない。などいろいろです。

 部分的におこなうリフォーム今までの生活にプラスできる事、そういった
 ことを考えるとちょっと楽しくなりますよね。
 
 

 

投稿者 TSURUMO | 記事URL

月別アーカイブ

「ホームページを見た」とお伝えください 092-555-4617 受付時間 10:00~21:00【年中無休】 メールはこちらから
  • TSURUMO'S WORK BLOG
  • TSURUMO代表 鶴元泰隆の部屋
  • TSURUMOのFacebookページへ!!
  • ルーマニアン・マクラメ hitsuzi
  • Instagram
ACCESS アクセス
■住所
〒811-1365
福岡県福岡市南区皿山
■受付時間
10:00-21:00
■定休日
年中無休
  • 「ホームページを見た」とお伝えください 092-555-4617
  • お問い合わせフォーム