TSURUMO'S WORK BLOG

2013年5月19日 日曜日

現場監理・養生!

 みなさん、こんにちは。

 デザインから施工まで!福岡市・太宰府市で住宅のリフォーム
 店舗の空間造りをするツルモです。

 仕上げ工事(クロスなど)に入っていくと加工材 例えば木見切り
 床のフロアー材などのキズ・汚れ、相当気を使います。

 今回、使用した見切り材 ・床フローリング材はナラ材、なので
 クロスの糊残りなど要注意です! 
 現場監理の性格で仕上げにかなりの影響がございます。

 養生を専門とする業種はございません。なので現場監理が責任を
 もってやらないといけない作業です。
 パーテーションの見切り材の養生です。

 

 サッシ枠の養生。テープの糊残りにも注意しないといけないので3M
 のマスキングテープで養生します。この時床養生用のテープなど
 を使用すると、もし逆目に沿ってテープを剥いだとき木の表面が
 剥げます。テープにも使い分けが必要です!
 職人に やるね~!と言わせれば一人前です。

 

 クロスを貼るときテープにクロスの糊が(ルーアマイルド)が
 付くのでスポンジで拭き上げます…がそのまま放置しておくと水分が
 マスキングテープに染み込んでテープの糊が見切り材に付着する
 恐れがあるのでクロスを貼ったらすぐにテープを剥ぎます。
 あと日数をおくと熱でテープの糊が付着する恐れがあります。
 クロス貼りといえど監理は大変です。ぽけ~っと見てそんなこと
 気にしない人は良くはない監理です。

 

 こういった感じで床は養生していきます。まずマスキングテープを
 床の隅に貼っていきその上から粘着力の強いテープで養生シートを
 止めていきます。(パテの粉・カスが隙間から入っていかないように)

 

 クロス仕上げの時はパテを盛った部分を取り除きます。その時に
 固まったパテを踏んでも良いように厚手の毛布や段ボールなどを
 シートの上に敷きます。
 監理はほうきとちりとりを持って落ちたら拾うの繰り返しです。
 養生はしているけど100%キズが入らない訳ではないので。

 

 とまあ こんな感じで作業を終えます。工事が完了したら床の隅に
 貼っているマスキングテープを剥いで終わります。
 仕上がってきたら安心ではなく、慎重です。

 イメージをカタチにするTSURUMOです。

 

 

 

 

 

投稿者 TSURUMO

月別アーカイブ

「ホームページを見た」とお伝えください 092-555-4617 受付時間 10:00~21:00【年中無休】 メールはこちらから
  • TSURUMO'S WORK BLOG
  • TSURUMO代表 鶴元泰隆の部屋
  • TSURUMOのFacebookページへ!!
  • ルーマニアン・マクラメ hitsuzi
  • Instagram
ACCESS アクセス
■住所
〒811-1365
福岡県福岡市南区皿山
■受付時間
10:00-21:00
■定休日
年中無休
  • 「ホームページを見た」とお伝えください 092-555-4617
  • お問い合わせフォーム