TSURUMO'S WORK BLOG

2012年4月20日 金曜日

木枠の加工

 みなさん、お疲れ様です。
 前回に引き続き作業状況を
 お届けします。

 上枠です。扉がスライドできるように溝を造ります。入荷した材料が
 ちょっきりなので失敗はゆるされません。大事に加工していきます。
 通常枠材節なし(化粧材)を使用するのですが、わたくしは、節有り
 を良く使います。塗装した時に材料の味が出るからです。あと安い。
 しかし、職人はたまったもんじゃありません。切ることで刃が悪く
 なります。やっさんごめん。しかし、大工は節があってもきれいに
 仕上げて一人前です。それだけ道具の管理ができているということ
 ですし、それだけの技術があるということになります。
 でもやっさんごめん。
 

 こうやってノミ落としやすくします。

 完成です。あとはきれいに溝を仕上げていきます。

 部分刃が通りにくいため加工しにくいのですが、やっさんは
 難なく仕上げます。こういったちょっとした技術を若い大工さんに
 教えてもらいたいです。加工された物を取り付けるだけではなく
 加工から取り付けまで!職人としての技術・プライド
 大切に考えたいです。

 ★基本の流れはコチラです。

投稿者 TSURUMO

月別アーカイブ

「ホームページを見た」とお伝えください 092-555-4617 受付時間 10:00~21:00【年中無休】 メールはこちらから
  • TSURUMO'S WORK BLOG
  • TSURUMO代表 鶴元泰隆の部屋
  • TSURUMOのFacebookページへ!!
  • ルーマニアン・マクラメ hitsuzi
  • Instagram
ACCESS アクセス
■住所
〒811-1365
福岡県福岡市南区皿山
■受付時間
10:00-21:00
■定休日
年中無休
  • 「ホームページを見た」とお伝えください 092-555-4617
  • お問い合わせフォーム